ボジョレー・ヌーヴォー2016
6本以上で送料無料

表示価格は全て消費税別です




ルー・デュモン
ボジョレー・ヌーヴォー’16

750ml  ¥2,800  購入数本   
日本人が造るボジョレー・ヌーヴォー
ルー・デュモンのヌーヴォー、11周年目のリリースです。
畑は「Saint Verand」村近郊の、樹齢70〜95年の計8の古樹単一区画群より。
「ガメイは、完熟させてはじめて、その真価を発揮します。そのためにはどうしてもヴィエイユ・ヴィーニュでなければなりません」が仲田さんの信念。しかも標高が400mととりわけ高く、「熟成がゆっくり進みます。開花日から予想される今年の収穫開始時期は9月15日頃ですが、僕は9月末頃まで、ぶどうの完熟を待つつもりです」。
「南ボージョレは、4月下旬の霜害にも、5月と6月の雹害にも遭いませんでした。雨の多い年ですが、高台斜面にある僕の契約区画は風が強く水捌けも良いため、病気もほとんどありません。また例年通り、大部分はミルランダージュです。今後の天候次第ではありますが、皮が分厚く最高度に凝縮した、素晴らしいぶどうが収穫できそうです。これまでの10年間で培ったノウハウを結集し、コクと味わいのあるヌーヴォーを造ります」。
「年に1度のお祝いだからこそ」−現代美術家ジェラール・ピュヴィスの特製ラベル、重厚ビン「レジェンド・アンティーク」の使用等、パッケージデザインにもこだわります。

TECHNICAL DATA
★樹齢70〜95年のVV。シスト表土で花崗岩質と砂質土壌。収量50hl/ha。
★実質ビオロジーのリュット・レゾネ栽培。
★収量50hl/ha。手摘み収穫時、運搬前、発酵前の3回選果。
★セメントタンクにて天然酵母のみで6日間のマセラシオン・カルボニック後、空気圧式プレス。
★50%をニエーブルの森産ベルトランジュ社製樽で熟成(新樽率20%)の予定。
★澱引き時に粗目の珪藻土フィルター を使用。
★瓶詰め時はノンフィルター。瓶詰め時に、最小限のSO2を添加。
★ラベル背景の文字のどこかに”天・地・人”が入っています。


ヴィニフィレ・パ・ジュンコ・アライ
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー
・ル・ポン・デュ・ディアーブル’16

750ml ¥2,720   購入数本   
新井順子さん造るボジョレー・ヌーヴォー!

 
ここの畑は樹齢60年の単一畑のボージョレ・ヴィラージュです。その畑の所有者は‘ジョヴェール家’。ボージョレのCruでは南に位置するBrouillyに位置し今の当主マルセルは4代目。SO2もほとんど使わず、無農薬栽培で自然な味わいに拘り続けている造り主です。その畑を借りて、今年も新井順子氏がヌーボに8回目の挑戦です。 話題のヌーヴォーです。
2009年、2010年のヌーヴォの会で、当店の一番人気でした。

ヴィニフィレ・パ・ジュンコ・アライ
シャルドネ・ヌーヴォー’16

750ml ¥2,560 完売  購入数本   
新井順子さん造るシャルドネの白ヌーヴォー!
 
シャルドネ100%でとびっきりの美味しい白ワイン ヌーヴォーを作ろう!と 2014年よりスタート、今年はJoubert さんの幼馴染の葡萄生産者の畑です。彼は無農薬ではありませんが、栽培のスペシャリスト。そして畑の樹齢は古いです。その畑をJoubert さんが私の白ヌーヴォ―の為に1区画借りて、今年からBIO に切り替えました。なので現在は当然認証はありません。ですが、たとえ認証はなくても事実は今年から無農薬で、今のところなんら問題はありません。それを私は100%ナチュラルな方法で白ヌーボを仕込みます。 Trichaud さんの所の葡萄と違うので、当然緊張しますが、基本的には同じスタイルで仕込みます。が、若干ガスを残したBOIS LUCAS(ボワルカ)のSB スタイルにする予定です。


自然派ヌーヴォー
フィリップ・パカレ
ボジョレー・ヴァンド・プリムール’16

750ml  ¥3,200 完売  購入数本   
フランス自然派の代名詞ワイン
 自然派の代名詞とも呼ばれる注目の醸造家、フィリップ パカレ。ヌーヴォー以外のワインも人気で、フィリップ・パカレのワインのファンは日本でも多いと思います。
 自然酵母のみで発酵させ、ワインの状態がよければ醸造だけでなく瓶詰め時も亜硫酸無添加になります。しっかりとしたエキスと美しい酸味は、ヌーヴォーとは思えないフィネス(繊細さ)を感じさせます。
 入荷後すぐに飲んで美味しいだけでなく、翌年以降も素晴らしい熟成をしますので、あえて「ヌーヴォー」ではなく、「ヴァン ド プリムール」という表記にしています。
 圧倒的なまでの経験と緻密な知性を組み合わせボジョレーのイメージやガメイのイメージを超越したボジョレー プリムール(新酒)を手がけるフィリップ パカレ。単なるヌーヴォーを超えた高い品質の新酒であり、解禁日以降であってもワインとしてステージを登り続け、成長していくため、ボジョレー ヴァン ド プリムールと名付け毎年私たちを魅了し続けてくれています。 平成23年、苦難に見舞われた日本の「再生」をイメージし、鮮やかなグリーンの装いで登場したこのプリムールは、傷ついた人々の心を優しく包むよう、繊細さや上品さといったいわゆるフィネスを究極まで追求したワインとなっています。本拠地ブルゴーニュで培ったフィネスを高次元に表現する為の知識と経験、師であるジュール ショヴェから継承したヴィニュロン(ワイン生産者)としての魂を費やし、失われつつあった本当のボジョレー、本当のガメイの美しさをこのワインで表現しています。飲み手に癒しと喜びを与えてくれる、かけがえのない1本、ぜひ今年もお試しください。

 



自然派ヌーヴォー
M・ラピエール
ボジョレー・ヌーヴォー’16

750ml  ¥2,960   購入数本   
フランス自然派ワインの巨匠、マルセル ラピエールのヌーヴォー
 偉大な父、マルセルの死後も歩みを止めることなく進化を続けるラピエール家。若く、才能あふれるマチューが牽引し、伝説を更新し続けています。事実、ラピエールのワインは世界中のファンを虜にしており、モルゴン、レザンゴーロワといったレギュラーラインナップは、リリースから半年で完売!日本向けには相当数を確保してもらっているにもかかわらず、1年を通じて供給するのは不可能になってしまいました。古くからラピエール家を知る人も、近年のピュアさと芳醇さがさらに磨きがかかったワインを口にしては、そのセンスに驚くと言います。そんなラピエール ヌーヴォーの特徴は、華やかな果実味とスムーズな飲み心地。エキス分のしっかりとした、赤ワインでありながら透明感のある繊細な味わいに満ちており、どこまでも飲み飽きない優しさと心地よさに溢れています。
 ラベルはレザンゴーロワでお馴染みモーリスシネ氏の手によるもので、飲めばワクワクするようなこのワインの雰囲気をチャーミングに表現しています。

ジョゼフ・ドルーアン 
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー’16

750ml ¥2,530   完売   購入数本   
ボジョレー・ヌーヴォーの原点!
 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年にブルゴーニュワインの中心地、ボーヌに設立され、135年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの信念を守り続けるブルゴーニュを代表するワイナリーです。
 ジョゼフ・ドルーアンのボジョレー・ヌーヴォーのはじまりは1959年。その年の11月、ロベール・ドルーアンは友人達を喜ばそうと、自ら手がけたボジョレーの新酒を紹介しました。友人達はかつて味わったことのない、香り高く、果実味豊かなヌーヴォーに歓喜し、翌年のヌーヴォーも手に入るかと心配するほどの熱狂が沸き起こりました。この大成功により、ジョゼフ・ドルーアンのヌーヴォーはロンドン、ブリュッセル、ミラノへと続き、その後、次々と世界各国へ送り出され、今や世界中の人々を魅了しています。
 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーはボジョレー・ヌーヴォーのワンランク上のヌーヴォーです。

ジョゼフ・ドルーアン 
ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール・ヴィエイュ・ヴィーニュ’16

750ml  ¥3,370 完売 購入数本   
特別限定ヌーウ゜ォー!
 ボジョレー・ヌーヴォーに対し、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌヴォーはボジョレー地区の中でも特に良質のブドウが収穫できる北部38の村で造られたボジョレー・ヌーヴォーです。つまり、ワンランク上のボジョレー・ヌーヴォーといえます。
 このボジョレー・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)ヌヴォーは、凝縮感溢れるぶどうが収穫できる30年以上の古樹から手摘みされたブドウのみ使用。古樹のブドウならではの凝縮された果実味と程よい重みや深みがあります。普通のボジョレー・ヌーヴォーでは物足りないという方にお勧めです。

ルイ・ジャド
ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール’16

750ml ¥2,950  購入数本   
本物のヌーヴォー!
しっかりしたコクと深い味わいが感じられる、ワンランク上のヌーヴォー
 ルイ・ジャド社はブルゴーニュのメゾンとして、そのボージョレー・ヴィラージュ・プリムールを全て自社にて醸造しています。元来、ヌーヴォーとはその年のワインを一番最初に楽しんで頂くものです。ですからルイ・ジャドでは毎年ヌーヴォーワインを特別に醸造するのではなく、通常のボージョレー・ヴィラージュワインを醸造する中で特にフルーティな仕上がりのキュヴェをプリムール(ヌーヴォーと同意語)として出荷しています。つまりルイ・ジャド社のプリムールワインは若々しさを楽しめるだけでなく、味わい深い本物のワインであり、果実味のみが特徴の一般的なヌーヴォーワインとは一線を画しています。

ルイ・ジャド
ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール・ノンフィルター’16

750ml ¥3,200  購入数本   
本物のヌーヴォー ノンフィルター!
しっかりしたコクと深い味わいが感じられる、ワンランク上のヌーヴォー
 このワインは、濾過を行わないノンフィルターです。
日本のワインファンの為に特別に瓶詰めされた日本限定発売品です。

 ルイ・ジャド社はブルゴーニュのメゾンとして、そのボージョレー・ヴィラージュ・プリムールを全て自社にて醸造しています。元来、ヌーヴォーとはその年のワインを一番最初に楽しんで頂くものです。ですからルイ・ジャドでは毎年ヌーヴォーワインを特別に醸造するのではなく、通常のボージョレー・ヴィラージュワインを醸造する中で特にフルーティな仕上がりのキュヴェをプリムール(ヌーヴォーと同意語)として出荷しています。つまりルイ・ジャド社のプリムールワインは若々しさを楽しめるだけでなく、味わい深い本物のワインであり、果実味のみが特徴の一般的なヌーヴォーワインとは一線を画しています。

ルイ・ジャド
マコン・ブラン・ヴィラージュ・プリムール’16

750ml ¥2,950  購入数本   
 マコン・ブラン・ヴィラージュ・プリムール
 マコンはボジョレー地区のお隣の地区。ここではシャルドネ種のブドウから白のヌーヴォー(プリムールともいうが同じ意)が造られています。もちろんこちらもボジョレー・ヌーヴォーと同じ新酒です。ただし、ブルゴーニュの巨匠、ルイ・ジャドが造りだすマコン・ヴィラージュ・プリムールは一味違います。新酒のフレッシュでフルーティな味わいというよりは、シャルドネ本来の味わいを見事に表現した深みのある爽やかな味わいの白です。少し寝かせてから飲んでも美味しいと思います。

 ジョルジュ・デュブッフ
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・セレクション プリュス’16

750ml ¥2,820  購入数本   
 ボショレーの帝王 ジョルジュ・デュブッフ ・ヌーヴォーの最高峰
 ボジョレー全体で約3,000軒あるボジョレー地区の生産者の中から、ジョルジュ デュブッフ氏が今年最良と思われるワインを選りすぐり、アッサンブラージュ(ブレンド)したこだわりの逸品です。果実味が凝縮された深みのある味わいが特長です。

 ジョルジュ・デュブッフ
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・’16

750ml ¥2,550  購入数本   
 濃密でなめらかな味わいのワンランク上のヌーヴォー
 ボジョレー地区・北部38村の中でも特に良質のぶどうが採れるエリアはボジョレー・ヴィラージュと呼ばれます。この地の畑で大切に育まれ、丁寧に収穫されたぶどうは、フルーティーさが凝縮した深みのあるワインに仕上がります。華やかでありながら、繊細な香りと味わいが特徴。フランスの国旗の色である赤白青の花をボトルにちりばめました。

 ジョルジュ・デュブッフ
ボジョレー ヌーヴォー エディシオン スペシアル フロマージュ’16

750ml ¥2,500  購入数本   
 「ヌーヴォーとチーズ」のマリアージュをもっと楽しめる食連動新提案!
 「ボジョレーの帝王」ジョルジュ デュブッフ氏が、彼のヌーヴォーの特徴である"果実未より豊かなキュベ"を厳選し、贅沢に取り入れることで、チーズの味わいをまろやかに引き立てるスペシャルヌーヴォーをつくりあげます。チーズを連想させるラベルとデザインが、このヌーヴォーとチーズの相性の良さを表現しています。

ドメーヌ・ドゥ・ラ・マドンヌボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー【ボジョレーヌーヴォー】[2016]
 ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ
 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォ’16

750ml ¥2,320 完売 購入数本   
  クリュ・ボージョレをも凌ぐといわれるペレオン村を代表する自然派の造り手です。ブルーノ・ベレール(現当主)は減農薬農法を用いグランクリュに匹敵する小区画を守り続けています。これまでのヌーヴォーのイメージを一新する力強い味わいと奥深さは世界中で高評化を受けています。リュット・レゾネ(減農薬農法)3 ヘクタールでビオディナミ農法を実施!!自然酵母のみ使用マセラシオン・カルボニックの手法はとらず、長期熟成型のワインとほぼ同様の造り方をしています。 厳しい基準で選別でワインを造りをしています。
〜〜〜ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ 最新情報
美しいルビーの色調に、明るいブラックチェリーと黒果実の複雑なアロマを湛えています。よく熟したタンニンと複雑味を備えた、芳醇でパワフルな力強いワインです。チェリーと黒果実の味わいに仄かなスパイスの香りが感じられ、スパイシーな後味が1分以上続く長い余韻が広がります。(10月 バレルテイスティング ブルーノ・ベレールより)