ホーム ワインリスト 注文方法
表示価格は全て消費税別です

2002     Mezzo Bergerac Rouge    750ml ¥1,495 
 雑誌「一個人」のフランスワイン赤で第2位の評価!
 Mezzo(メッツォ)とは、音楽用語でやさしくゆっくり、という意味で、音楽好きのパスカルならではの命名です。
このワインは2002年のキュヴェ・プレスティージュを95%とスタンダードのゼサール・ルージュを5%ブレンドした限定キュヴェです。品質的にはほぼキュヴェ・プレスティージュといってもよい内容ですが、これほどお値打ちなのには訳があります。インポーターが訪問した際に出会った掘り出し物がこのメッツォでした。ある顧客からのプライベートオーダーで造ったはずのこのキュヴェは、一向に引き取ってもらえず、セラーに残されていました。そのため特別価格で提供してくれたワインです。
ブドウ品種 : メルロ、カベルネ・ソーヴィニオン、カベルネ・フラン
紫がかったルビーレッド、タンニンは確りしていますが、こなれていてなめらかな口当たりです。ビターチョコレートやコーヒー、タバコのフレイバー、ほどよいボリュームのバランスのとれた味わいです。
  シャトー・デ・ゼサール
メッツォ・ベルジュラック・ルージュ’02    1,495円
ACベルジュラック
 購入数本  

 Domaine Gardies
2003   Cotes du Roussillon Villages Tautavel Vieilles Vignes  750ml ¥3,860
 ジャン・ガルディエは、ルションの評価を高めるべく栽培・醸造に情熱を注いでいます。その努力に呼応するようにワイン雑誌などで高い評価をえています。
 平均樹齢はグルナッシュで70から90年・カリニャンは60年以上。通常このエリアで認められている収穫量は45hl/haのところ、グルナッシュの収穫量は20hl/ha 以下です。しっかりした構成の中にも滑らかさと柔らかさがあり、ブドウそのものの凝縮感があります。樽は20%が新樽で残りは1、2年ものを使います。ファイニングもフィルターも使わずに、樽をブレンドしながら瓶詰めしています。クリアで輝きのある深いルビーレッド。ブラックカラントやスパイスの風味が感じられます。

ドメーヌ・ガルディエ
コート・デュ・ルション・ヴィラージュ・トータヴェル V.V’03       3,860円
ACコート・デュ・ルション・ヴィラージュ
 購入数本  

NV         Estratego REAL      750ml  ¥920
 『Wow! 絶対にケース買いすべきだ!』大満足のデイリーワイン
 このスペインワインは、「ヌマンシア」を造る醸造家、マルコス・エグレン氏が造るテーブル・ワインです。「ヌマンシア」は初ヴィンテージの98年からパーカーポイント95点を獲得し、99年も95点、以後連続して90点以上を獲得し、近年注目を集めるスペイン・トロのワインです。スペインのワイン専門誌で「ウニコ」よりも高い評価を受けた「ヌマンシア」は5千円から7千円で販売されています。
 「エストラテゴ・レアル」は、その「ヌマンシア」と同じ醸造家によるワインでありながら、非常に低価格です。テーブル・ワインだから安いのは当然なのですが、味わいを考えると非常にお買い得なワインです。パーカー氏も「こんなに美味しいワインが、この価格で買えるとは」「絶対にケース買いすべきだ」と絶賛しています。
 濃い色合いのこのワインは、粘性も強く、ドライプルーンやイチジク・ジャム、カシスやブルーベリーといった甘い香りがグラスを満たします。果実味豊かで、イチジクやドライフルーツのような甘味があります。甘いタンニンはビターチョコレートのような風味があり、酸味と一緒に余韻に続いていきます。果実味、酸味、タンニン、それぞれがしっかりしたワインです。テンプラニーリョ100%ですが、パーカー氏は、「メドックのカベルネ・ソーヴィニヨンのようだ」と評価しています。確かに、抜栓後、時間が経つにつれ酸味が落ち着き、凝縮感が増し、ボルドーワインのような味わいになってきます。
 デイリーワインは低価格であることはもちろん、美味しいに越したことはありません。
ドミニオ・デ・エグレン
エストラテゴ・レアル・ティント   920円
 購入数本  

 2005            Clos Leo           750ml ¥8,570
日本人がボルドーでワイン造り!!『篠原 麗雄(しのはら れお)』氏
 ワイン生産地の中で最もハードルが高い土地のひとつボルドーで自ら畑を所有し、ワイン造りをしている(おそらく日本人で唯一)篠原麗雄氏のワイン クロ・レオ2005年をご案内いたします。シャトー・ヴァランドローのテュヌヴァン社で働いていた日本人、篠原麗雄(しのはら れお)氏が2002年、0.  82ヘクタールの畑を購入して造り始めたマイクロ・キュヴェです。
 【篠原麗雄氏のコメント】全ての作業を完璧に行いたいので、普通の生産者に比べると数倍仕事をしています。しかし、生産量は他のシャトーに比べると2,3割しかありませんが・・・・・畑では、化学肥料を使わず、堆肥を使い、除草剤を使わず別の方法で除草をしたり、ビオディナミではありませんが、畑が良いコンデションになるようにコントロールしています。又ヴァランドローのチュヌヴァンさんやオーゾンヌのヴォーチエさんもたまに畑に来てアドバイスをしてくれました。(ファーストヴィンテージ時にはジャンリユックは収穫前、毎週来て一緒に葡萄を食べ収穫時期を決めました。)醸造所はTCA等の汚染を防ぐ為に、問題物質のある材料は使わず、自然の素材を使っています。
【テクニカルデータ】面積 0,82ha土壌 粘土石灰質
平均樹齢 35年
生産本数/クロ レオ2000本
セパージュ比率/メルロー80% カベルネ フラン20%
樽熟成/ 20ヵ月新樽率/クロ レオ:100%
 【篠原氏から最新ヴィンテージコメント】2005年は素晴らしい年になりました。ブドウは熟し凝縮感がありますが、酸味のおかげでフレッシュで綺麗に仕上がっています。タンニンが細かくフィニッシュも長く 長期熟成に向いています。

クロ・レオ’05  8,570円

ACコート・ド・カスティヨン
購入数本  

NEXT⇒
PG 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 00